鉄道・運輸機構(鉄道建設・運輸施設整備支援機構)は16日、これまで現地の準備工事を進めてきた北陸新幹線の芦原温泉駅(福井県あわら市)の新築工事に関して、11月19日から本格的に工事に着手すると発表した。

芦原温泉駅駅舎外観パース(提供 : 鉄道・運輸機構)
芦原温泉駅駅舎コンコースイメージ(提供 : 鉄道・運輸機構)
芦原温泉駅駅舎ホームイメージ(提供 : 鉄道・運輸機構)

北陸新幹線の芦原温泉駅新築工事では、JR西日本の北陸本線芦原温泉駅の隣接地に、鉄骨造平家建約1,930平方メートルの駅本屋、鉄骨造平家建約6,610平方メートルの旅客上家、鉄骨造2階建約300平方メートルの連絡通路が建設される。施工者は熊谷・砺波・坂川北陸新幹線、芦原温泉駅新築特定建設工事共同企業体とされている。

#駅 #新幹線 #新線 #JR西日本


北陸新幹線芦原温泉駅、新築工事が本格的に着工 – 鉄道・運輸機構

関連記事

JR東日本185系、南房総を周遊する日帰りツアー11/3実施 – 撮影会も

鉄道博物館「山手線展 ~やまのてせんが丸くなるまで~」10/9から

「タムロン鉄道風景コンテスト」入賞作発表、大賞は「サフィール踊り子」

【京商エッグ】飾る・走る『リビングトレイン』シリーズ発売が10月上旬発売!

飛ぶように売れ続ける「ハシ鉄」…発売日は200膳が即日完売

「長門ポッポ」74年ぶり帰郷 住民らが尽力 11月6日から公開