鉄道・運輸機構(鉄道建設・運輸施設整備支援機構)は16日、これまで現地の準備工事を進めてきた北陸新幹線の芦原温泉駅(福井県あわら市)の新築工事に関して、11月19日から本格的に工事に着手すると発表した。

芦原温泉駅駅舎外観パース(提供 : 鉄道・運輸機構)
芦原温泉駅駅舎コンコースイメージ(提供 : 鉄道・運輸機構)
芦原温泉駅駅舎ホームイメージ(提供 : 鉄道・運輸機構)

北陸新幹線の芦原温泉駅新築工事では、JR西日本の北陸本線芦原温泉駅の隣接地に、鉄骨造平家建約1,930平方メートルの駅本屋、鉄骨造平家建約6,610平方メートルの旅客上家、鉄骨造2階建約300平方メートルの連絡通路が建設される。施工者は熊谷・砺波・坂川北陸新幹線、芦原温泉駅新築特定建設工事共同企業体とされている。

#駅 #新幹線 #新線 #JR西日本


北陸新幹線芦原温泉駅、新築工事が本格的に着工 – 鉄道・運輸機構

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も