京浜急行電鉄は16日、羽田空港第3ターミナル駅の列車接近音(駅メロディ)をFoorin(フーリン)の「パプリカ」に変更すると発表した。11月21日の始発から使用開始する。

羽田空港第3ターミナル駅

同社が9月に羽田空港第3ターミナル駅の新しい駅メロディを公募した際、「日本での大ヒットだけでなく、英語版も制作されており、世界でも幅広く知られている楽曲」といった声が寄せられたという。京急電鉄としても、国内外の利用者を迎える駅のイメージに合致すると考え、新しい駅メロディに決定した。

「パプリカ」は人気シンガーソングライターの米津玄師さんが作詞・作曲し、自身がプロデュースした小中学生の5人組ユニット、Foorin(フーリン)が歌う楽曲。2018年のリリース以来、YouTubeでのミュージックビデオ再生回数が2億回を超え、英語版も公開されるなど、世界各国で人気を誇る。

羽田空港第3ターミナル駅の駅メロディに採用されたことを受け、米津玄師さんから「パプリカを作った当初は、こんなに広く大きくなるとは想像できていませんでした。Foorinのみんなが頑張ってくれたおかげです。日本の玄関口で流れることをとても光栄に思います」とのメッセージが寄せられている。

羽田空港第3ターミナル駅では現在、京急電鉄のCM「KEIKYU for YOU」でも使用されている楽曲「ハッピーバースデートゥーユー」を採用して開業10周年を盛り上げている。11月21日の始発から、上下線ホームともに駅メロディが「パプリカ」に変更される。

#駅 #空港アクセス鉄道 #京急電鉄


京急電鉄、羽田空港第3ターミナル駅の駅メロディが「パプリカ」に

関連記事

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券