京浜急行電鉄は16日、羽田空港第3ターミナル駅の列車接近音(駅メロディ)をFoorin(フーリン)の「パプリカ」に変更すると発表した。11月21日の始発から使用開始する。

羽田空港第3ターミナル駅

同社が9月に羽田空港第3ターミナル駅の新しい駅メロディを公募した際、「日本での大ヒットだけでなく、英語版も制作されており、世界でも幅広く知られている楽曲」といった声が寄せられたという。京急電鉄としても、国内外の利用者を迎える駅のイメージに合致すると考え、新しい駅メロディに決定した。

「パプリカ」は人気シンガーソングライターの米津玄師さんが作詞・作曲し、自身がプロデュースした小中学生の5人組ユニット、Foorin(フーリン)が歌う楽曲。2018年のリリース以来、YouTubeでのミュージックビデオ再生回数が2億回を超え、英語版も公開されるなど、世界各国で人気を誇る。

羽田空港第3ターミナル駅の駅メロディに採用されたことを受け、米津玄師さんから「パプリカを作った当初は、こんなに広く大きくなるとは想像できていませんでした。Foorinのみんなが頑張ってくれたおかげです。日本の玄関口で流れることをとても光栄に思います」とのメッセージが寄せられている。

羽田空港第3ターミナル駅では現在、京急電鉄のCM「KEIKYU for YOU」でも使用されている楽曲「ハッピーバースデートゥーユー」を採用して開業10周年を盛り上げている。11月21日の始発から、上下線ホームともに駅メロディが「パプリカ」に変更される。

#駅 #空港アクセス鉄道 #京急電鉄


京急電鉄、羽田空港第3ターミナル駅の駅メロディが「パプリカ」に

関連記事

方向幕「西武遊園地前」は見納め!? メットライフドームの101系クハ1262が更新、外観に変化

「Gakken ニューブロック」に新幹線E5系「はやぶさバッグ」新登場

「富士山登山鉄道構想」は実現する? ヨーロッパの事例から可能性を探る

「鬼滅の刃」の全面広告電車、バンコクの高架鉄道に

京都鉄道博物館「プラレール鉄道」本格始動に合わせたイベント開催

JR西日本「DLやまぐち号」復路のみ季節限定のヘッドマークを掲出へ