三菱重工エンジニアリング(三菱重工グループ)はこのほど、ゆりかもめの全自動無人運転車両7500系について、8編成48両の納入を完了したと発表した。

ゆりかもめ7500系

7500系は、「臨海部を彩る新しい風」をコンセプトに、より未来的な風景を生み出すフェイスデザインを採用し、車内の利便性と快適性を向上。軽量で高い耐久性とリサイクル性を備えたオールダブルスキンアルミ構体を採用し、揺れを低減して乗り心地を向上させた台車「T-smover」、快適な座り心地を提供するセミハイバックバケットシート「G-Fit」を搭載した。

有人運転と無人運転の識別のため、車両の前面に青色LEDによる発光式自動運転灯を装備。車内には案内表示装置を全扉上に2画面設置するなど、車内外に新たなトレンドを盛り込んだ。

三菱重工エンジニアリングは、三菱重工時代の2010年に、開業当時から運行する7000系の後継となる7300系(計108両)をすべて受注し、2016年6月に納入を完了した実績を持つ。7500系は7200系の後継車両として2016年9月に受注したもので、第1編成は2018年11月に営業運転を開始した。8編成すべての納入を完了したことで、ゆりかもめの車両はすべて同社製となった。なお、7200系は10月14日をもって運行を終了している。

#車両新造 #改造 #鉄道車両メーカー #新交通システム #電車


ゆりかもめ7500系、全8編成の納入完了 – 三菱重工エンジニアリング

関連記事

【youtube プレゼント企画】水島臨海鉄道倉敷市駅のバラストが出てくるガチャガチャを引いてみた

JR九州、西九州新幹線の車両デザイン決定 – 毛筆の「かもめ」書体

BS日テレの大人気番組「友近・礼二の妄想トレイン」を巻頭大特集!『脳内&リアルに楽しむ!達人が教える鉄道旅』2021年7月29日(木)発売!

50年前の廃線車両、「避密」の宿に…1両1室貸し切りで人気

JR西日本、電気式気動車DEC700形の技術的検証を8月中旬から実施へ

須田亜香里、股の間に“異物侵入”で村井美樹が「イケる?」質問シーンが激艶!