長野県大町市の扇沢総合案内センターで14日、関電トンネルトロリーバス(通称トロバス)の最後の1台が展示される記念館のプレオープンがあった。塗装が塗り直されたトロバスが市に「里帰り」し、集まったファンの拍手と歓声に包まれた。

架線からの電気を動力とするトロバスは鉄道の一種に区分される。黒部ダム完成翌年の1964年から2018年までの54年間、ダムと市を結び、無事故で6000万人以上を運んだ。しかし電気バスへの移行に伴い、同年11月に最終運行すると、15台のトロバスは次々と解体された。

大町市は維持費や管理費を理由に保存を断念したが、情報提供を受け、富山県高岡市内で1台だけまだ解体されていないことを知る。今年3月から市がクラウドファンディングを実施すると、全国485人から、目標金額を約460万円上回る約650万円が集まり、保存が決まった。記念館のオープンは2021年4月中旬を予定している。【小鍜冶孝志】

#ダム #塗装 #完成 #事故


トロバス「里帰り」 長野・大町の記念館 最後の1台展示、21年4月オープン

関連記事

岐阜県長良川鉄道「美濃市」駅にコワーキングスペース新規開業

「ネコ駅長」の駅、新たに「ネコ職員」も誕生

【youtube】お昼からのおでかけ旅に!大井川鐵道「大井川本線午後からゆるたびフリーきっぷ」!

JR西日本「ICOCA」キャラクター「イコちゃん」の懐中時計 – 書泉

JR、GW指定席予約状況 – 東海道新幹線は前々年比17%、前年比222%

西武鉄道「レッドアロークラシック」ラストラン後、臨時特急列車に