女子サッカーなでしこリーグ1部の「伊賀FCくノ一三重」を運営するNPO法人伊賀FCくノ一と伊賀鉄道が、伊賀線丸山駅のネーミングライツ契約を結んだと発表した。11月18日から丸山駅の副駅名を「伊賀FCくノ一グラウンド前」とする。

副駅名入りの駅名標イメージ

駅のネーミングライツ契約は、沿線の企業や商業施設などが伊賀鉄道に広告料を支払い、企業名や施設名などを副駅名として表示する取組み。伊賀鉄道では、四十九駅、茅町駅、比土駅に続いて4例目となる。

伊賀FCくノ一三重は、丸山駅のすぐ北側に立地する旧丸山中学校のグラウンドを専用練習グラウンドとして使用しており、「丸山駅周辺のにぎわいづくりに協力したい」と、ネーミングライツを申し出たという。

副駅名の「伊賀FCくノ一グラウンド前」は、丸山駅の玄関駅名標、ホーム駅名標(2カ所)、伊賀線各駅の運賃表(15駅21カ所)、14駅15カ所と全車両の車内にある路線案内図・ワンマン列車利用方法案内図に表示する。11月18日15時から駅名標の除幕式も行う。

#駅 #中小私鉄 #三セク


伊賀鉄道、丸山駅に副駅名「伊賀FCくノ一グラウンド前」11/18導入

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も