小湊鐵道は新型コロナウイルス感染症を踏まえた抗ウイルス・抗菌対策として、同社の鉄道車両とバス車両に光触媒コーティング工事を実施したと発表した。

鉄道車両への光触媒コーティング施工の様子
日常的な感染症対策も引き続き行う

光触媒作用は、太陽光やLED・蛍光灯などの光を吸収し、強い抗菌・防汚・消臭を発揮するもので、持続性のある防汚効果を持つとされる。小湊鐵道は10月1~31日にかけて、鉄道車両18両(キハ200形11両、キハ40形2両、トロッコ動力車1両、客車4両)とバス136両に光触媒コーティングを施したとのこと。

同社の鉄道関係では、車掌のゴーグル・ゴム手袋着用や携帯用消毒液の携帯、駅改札へのビニールシート設置、車内消毒の実施などの対策も行っているという。バスにおいても、換気の実施や座席最前列使用中止、運転席へのビニールシートの設置などの対策を行っている。

#気動車 #中小私鉄 #三セク #バス #BRT


小湊鐵道、感染症対策で鉄道・バス車両に光触媒コーティングを施工

関連記事

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券