小湊鐵道は新型コロナウイルス感染症を踏まえた抗ウイルス・抗菌対策として、同社の鉄道車両とバス車両に光触媒コーティング工事を実施したと発表した。

鉄道車両への光触媒コーティング施工の様子
日常的な感染症対策も引き続き行う

光触媒作用は、太陽光やLED・蛍光灯などの光を吸収し、強い抗菌・防汚・消臭を発揮するもので、持続性のある防汚効果を持つとされる。小湊鐵道は10月1~31日にかけて、鉄道車両18両(キハ200形11両、キハ40形2両、トロッコ動力車1両、客車4両)とバス136両に光触媒コーティングを施したとのこと。

同社の鉄道関係では、車掌のゴーグル・ゴム手袋着用や携帯用消毒液の携帯、駅改札へのビニールシート設置、車内消毒の実施などの対策も行っているという。バスにおいても、換気の実施や座席最前列使用中止、運転席へのビニールシートの設置などの対策を行っている。

#気動車 #中小私鉄 #三セク #バス #BRT


小湊鐵道、感染症対策で鉄道・バス車両に光触媒コーティングを施工

関連記事

方向幕「西武遊園地前」は見納め!? メットライフドームの101系クハ1262が更新、外観に変化

「Gakken ニューブロック」に新幹線E5系「はやぶさバッグ」新登場

「富士山登山鉄道構想」は実現する? ヨーロッパの事例から可能性を探る

「鬼滅の刃」の全面広告電車、バンコクの高架鉄道に

京都鉄道博物館「プラレール鉄道」本格始動に合わせたイベント開催

JR西日本「DLやまぐち号」復路のみ季節限定のヘッドマークを掲出へ