春と秋に人里離れた駅を巡るJR東海の人気観光列車「飯田線秘境駅号」が10周年を迎え、13日、秋の運行が始まった。新型コロナウイルスの影響で今春の運行が中止され、この日を待ちわびた鉄道ファンらが早速乗り込んだ。

飯田線は、豊橋駅と辰野駅(長野県辰野町)間の約196キロを結ぶ。秘境駅号は、鉄道以外ではたどり着くのが困難な複数の「秘境駅」に停車しながら、約6時間かけて走る。

うっそうとした森に囲まれた伊那小沢駅(同県天龍村)では、ホームに降り立った乗客らが、紅葉した山々の景色を楽しんだ。

京都市の会社員の男性(33)は「天気も良く、色づいた山の木々や、西日の中でくっきりと浮かび上がる山の姿が楽しめた」と話していた。

14、15、21、22日にも運行予定だが、予約でほぼ満席という。

#秘境駅 #再開 #JR東海 #観光


「秘境駅」巡る6時間の旅、待ちに待った再開

関連記事

高島礼子に秩父鉄道が忖度!?鉄道沿線ひたすら歩き旅で飛び出した衝撃シーン

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置