春と秋に人里離れた駅を巡るJR東海の人気観光列車「飯田線秘境駅号」が10周年を迎え、13日、秋の運行が始まった。新型コロナウイルスの影響で今春の運行が中止され、この日を待ちわびた鉄道ファンらが早速乗り込んだ。

飯田線は、豊橋駅と辰野駅(長野県辰野町)間の約196キロを結ぶ。秘境駅号は、鉄道以外ではたどり着くのが困難な複数の「秘境駅」に停車しながら、約6時間かけて走る。

うっそうとした森に囲まれた伊那小沢駅(同県天龍村)では、ホームに降り立った乗客らが、紅葉した山々の景色を楽しんだ。

京都市の会社員の男性(33)は「天気も良く、色づいた山の木々や、西日の中でくっきりと浮かび上がる山の姿が楽しめた」と話していた。

14、15、21、22日にも運行予定だが、予約でほぼ満席という。

#秘境駅 #再開 #JR東海 #観光


「秘境駅」巡る6時間の旅、待ちに待った再開

関連記事

『ムーンライト』バリー・ジェンキンスが手掛けるドラマ「地下鉄道」5月配信へ

『ムーンライト』監督の新作ドラマ「地下鉄道 〜自由への旅路〜」5月14日よりAmazon Primeで配信開始へ

高校生が考案「鉄印」のデザイン…岩手・群馬・新潟の地方鉄道

航空機の技術とメカニズムの裏側 第267回 COVID-19とエアラインのフリート整理統合

方向幕「西武遊園地前」は見納め!? メットライフドームの101系クハ1262が更新、外観に変化

「Gakken ニューブロック」に新幹線E5系「はやぶさバッグ」新登場