車両基地に並んだ関鉄の気動車 写真提供:関東鉄道
軌道自転車の体験乗車に歓声が上がる 写真提供:関東鉄道

関東鉄道は11月3日、茨城県常総市の水海道車両基地を一般公開、事前の応募で選ばれた300人が車両展示や30tクレーンによる車両吊り上げ、軌道自転車への体験乗車などを楽しんだ。

10月14日の「鉄道の日」後に開催する「水海道車両基地一般公開イベント2020」で、例年1000人以上が参加する人気イベントだ。コロナ禍の2020年は従来の自由来場制を見直して事前応募制とし、来場者を3回入れ替え制1回100人、全体で300人に抑えた。通常のイベントでは水海道駅発着で運行するアクセスバスも取り止めた。

車両基地は水海道—小絹間にあり、来場者向けに水海道発9時台から12時台まで3本の車両基地行き特別列車を運転。見学時間を約2時間に限定するとともに、各回入れ替えて感染拡大防止を図った。

来場者で目立つのが気動車ファン。関鉄にはかつて電車運転の話もあったが、茨城県石岡市の気象庁地磁気観測所に影響することから電化を見送った。JR常磐線取手以北とつくばエクスプレス(TX)守谷—つくば間が交流電化なのも、直流電流による影響を回避するためだ。

一昔前は国鉄からの譲渡車が主力だった関鉄、最近は自社発注の新車で統一されており、イベントでは鉄道の存在感をアピール。バス車体への落書きコーナーでは、「コロナが早く終わりますように」などの記載が見られた。

文:上里夏生

#車両 #三密 #自転車 #クレーン


事前応募と入れ替え制で三密回避 関東鉄道の「車両基地イベント」に300人集う

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も