Kenneth Researchは調査レポート「世界のエポキシ樹脂市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年11月 11日に発刊しました。これは、2020-2027年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

レポートのサンプルURL:
https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336553

[画像: https://prtimes.jp/i/59861/551/resize/d59861-551-122460-0.jpg”>

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

エポキシ樹脂は、耐食性、耐久性、優れた機械的強度、高い熱安定性、優れた靭性、耐薬品性、耐湿性、優れた接着性など、さまざまな特性を備えています。これは、接着剤、複合材料、塗料およびコーティング、電子カプセル化産業など、いくつかの最終用途産業で広く使用されています。エポキシ樹脂を含む塗料やコーティングも、他の化学薬品よりも環境に優しいです。最終用途産業からの需要の増加、複合材料の使用の増加、発展途上国からの新たな需要、および軽量化、安全性、および適用の容易さにおける革新的な進歩の必要性は、予測期間中の市場の成長に関与するいくつかの要因です。

世界のエポキシ樹脂市場は2019年に約79億米ドルと評価され、2020ー2027年の予測期間中に5.77%以上の成長率で成長すると予想されています。

さらに、出版物、商業印刷、包装、段ボールなどの需要の増加により、エポキシ樹脂の需要が高まっています。

また、環境にやさしいソリューションなどの消費者固有のニーズにより、印刷インキ業界に対する世界的な需要が急増しており、これも市場の成長を後押ししています。Statistaによると、米国の印刷本の販売台数は2012年には約591百万冊でしたが、2019年には689.45百万冊に増加しました。世界中の自動車需要の高まりにより、エポキシ樹脂ベースの塗料とコーティングの採用が増加し、予測期間中の市場の成長がさらに促進されました。

国際自動車工業連合会OICAによると、インドで生産された自動車の総数は2015年に3,378,063台でしたが、2018年には4,064,774台に増加しました。また、米国で生産された商用車の総数は、2015年には7,936,416台でしたが、2018年には8,518,734台に増加しました。一方、原材料価格の変動は、予測期間中に世界のエポキシ樹脂市場の成長を抑制する主な要因です。

市場セグメンテーション洞察
世界のエポキシ樹脂市場は、サイズ調査、物理的形態(液体、固体、溶液)、用途別(塗料とコーティング、複合材料、接着剤とシーラントなど)、最終用途産業別(建築と建設、自動車、大型と重量物、車両および鉄道、一般産業、消費財、風力、航空宇宙および海洋)および地域別などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界のエポキシ樹脂市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

アジア太平洋地域は、技術の採用の増加により、重要な地域
アジア太平洋地域は、工業化の進展とインフラ開発の進展、および技術の採用の増加により、世界の主要/重要な地域です。

北米市場は2015年に 1,223.0 百万米ドル以上と評価されました。自動車および船舶用コーティングの需要の増加がこの地域を牽引すると予想されます。従来のエネルギー源の枯渇に対する懸念の高まりにより、発電用の風力タービンの使用が増加することは、製品の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

世界のエポキシ樹脂市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

世界のエポキシ樹脂市場における業界のリーダー
Olin Corporation
Nan Ya Plastics Corporation
Hexion Inc.
Kukdo Chemical Co. Ltd.
Huntsman Corporation
Chang Chun Plastics Co. Ltd.
Aditya Birla Chemicals
The 3M Company
BASF SE
Sinopec Corporation

これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/epoxy-resin-market/10336553

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

#世界 #建築 #自動車 #車両


世界のエポキシ樹脂市場規模調査、物理的形態、用途、最終用途産業(建築および建設、自動車、大型および大型、車両および鉄道、消費財、風力、航空宇宙および海洋)および地域予測2020-2027

関連記事

初代0系風列車でお祝い JR新居浜、伊予西条両駅100年 愛媛

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信