東武鉄道は、日光線・佐野線・東上線を走行する一部車両に、鹿との接触事故を防止する「鹿笛」を設置する取組みを11月13日から開始した。

鹿笛の設置による鹿との接触防止イメージ
車両に設置される鹿笛

同社が設置する鹿笛は、48km/h以上の速度になると人には聞こえない超音波を約400m先まで発する特殊な笛だという。先頭車両の前面下部に、2種類の異なる音量・周波数の超音波を発生させる笛を2個設置した。

東武鉄道によると、相互直通運転を行う野岩鉄道・会津鉄道の線内も含め、今年3月までの3年間で鹿との接触事故が85件発生しているという。そのうち約8割が日光線新栃木駅以北で発生しているほか、佐野線や東上線小川町駅以北でも発生していることから、今回の対策を行うこととした。鹿に列車接近を知らせることで、線路外への逃走を促すねらいがある。

#東武鉄道 #電車


東武鉄道、日光線・佐野線・東上線の車両に「鹿笛」設置する取組み

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討