JR東日本は、エキナカで事業運営を行うJR東日本リテールネット、JR東日本フーズ、JR東日本ウォータービジネス、鉄道会館の4社を合併すると発表した。新社名は「JR東日本クロスステーション」となる。

JR東日本グループ4社の統合イメージ

新会社の発足は2021年4月1日の予定。各社の持つ経営資源を結集し、業態の垣根を越えた新規業態の開発や店舗の最適配置、横断的マーケティングの推進などをめざす。統合によるデータ一元化により、エキナカ全体の利用状況をより鮮明に把握し、「お客さまとのつながりを強化することで、新しいサービスや価値を創造する」という。

新会社は社内カンパニー制を導入。リテールカンパニー、フーズカンパニー、ウォータービジネスカンパニー、デベロップメントカンパニーの4カンパニーを設置し、環境変化にスピード感を持って対応できる体制をめざす。

#JR東日本


JR東日本、エキナカ事業4社合併「JR東日本クロスステーション」に

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」