JR東日本とセントラル警備保障は13日、新幹線車内を巡回する警備員がウェアラブルカメラを装着し、異常発生時にライブ映像を確認しながら遠隔で後方支援を行い、迅速かつ的確に対応することを目的とした実証実験を11月17日から実施すると発表した。

ウェアラブルカメラを装着した警備員イメージ(JR東日本提供)

実証実験では、警備員が胸部にカメラを装着し、撮影しながら車内を巡回する。同時に、走行する新幹線車内での通信状況などの確認や、新幹線車内で撮影に適さない場所などの確認も行われる。

車内で撮影した映像データは、今回の実験における利用目的の範囲のみで使用され、第三者に提供されることはないとのこと。取得した映像データから乗客個人を特定することはなく、終了後は速やかに消去する。

警備員胸元のウェアラブルカメラ(JR東日本提供)

実験エリアは、東北新幹線の東京~盛岡間、上越新幹線の東京~新潟間、北陸新幹線の東京~長野間。実験は11月17日から12月7日まで行われる。

#JR東日本 #新幹線 #電車 #鉄道技術


JR東日本の新幹線車内警備にウェアラブルカメラ、実証実験を実施へ

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ