JR西日本は13日、駅のホームの安全性向上をめざし、設置工事を進めてきた広島駅11番のりばの新幹線ホーム柵を12月1日から、高槻駅4番のりばの可動式ホーム柵を11月27日からそれぞれ使用開始すると発表した。

岡山駅に設置された新幹線ホーム柵
JR総持寺駅に設置された可動式ホーム柵

広島駅では、山陽新幹線の博多方面の列車が停車する11番のりばに、高さ約1.35m、最大開口約5.7m(開閉ストローク)、柵延長約400mの新幹線ホーム柵を設置。12月1日の始発列車から使用開始する。

高槻駅では、おもに大阪方面の普通列車が発着するJR京都線4番のりばに、高さ約1.35m、最大開口約3.3m、柵延長約140mの可動式ホーム柵を設置。11月27日の始発列車から使用開始する。

#ホームドア #駅 #新幹線 #JR西日本


JR西日本、広島駅11番のりば&高槻駅4番のりばホーム柵使用開始へ

関連記事

岐阜県長良川鉄道「美濃市」駅にコワーキングスペース新規開業

「ネコ駅長」の駅、新たに「ネコ職員」も誕生

【youtube】お昼からのおでかけ旅に!大井川鐵道「大井川本線午後からゆるたびフリーきっぷ」!

JR西日本「ICOCA」キャラクター「イコちゃん」の懐中時計 – 書泉

JR、GW指定席予約状況 – 東海道新幹線は前々年比17%、前年比222%

西武鉄道「レッドアロークラシック」ラストラン後、臨時特急列車に