伊豆箱根鉄道は12日、JR東日本が2021年春に特急「踊り子」の全車両を185系からE257系リニューアル車両に統一することを受け、駿豆線区間において特急料金を設定すると発表した。

JR東日本が特急「踊り子」に導入するE257系リニューアル車両

特急「踊り子」は1981年10月1日から駿豆線への乗入れを開始。現在、駿豆線内では特急料金が不要になっているという。

特急料金の設定は2021年春からを予定しており、具体的な時期は決定し次第、改めて告知される。設定区間は駿豆線の三島~修善寺間で、設定金額は区間内一律で大人200円・こども100円。JR線区間にまたがって利用する場合、伊豆箱根鉄道区間とJR線区間の運賃・料金の合計額となる。

E257系リニューアル車両の車内

特急券は「踊り子」停車駅(三島駅、三島田町駅、大場駅、伊豆長岡駅、大仁駅、修善寺駅)の窓口にて発売。三島田町駅と大仁駅は「踊り子」発車時刻前の一定時間に発売される。

#特急列車 #車両新造 #改造 #JR東日本 #中小私鉄 #三セク #電車


伊豆箱根鉄道、特急「踊り子」車両変更で2021年春から特急料金設定

関連記事

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定

JR東日本、勝田車両センターの60周年で見学ツアー – グッズも販売