福島県会津地域の盛上げや観光活性化をめざすJR東日本の「会津若松エリアプロジェクト」は、クリスマス限定「会津のフレンチディナー」を楽しめる「フルーティアふくしま」専用臨時列車を12月25日に運行する。

磐越西線を走る「フルーティアふくしま」

「フルーティアふくしま」専用臨時列車は旅行商品として発売。出発地の郡山駅から会津若松駅まで快速列車で移動し、会津若松駅から貸切バスで七日町へ移動。目的地到着後、会津の伝統工芸「絵ろうそく」の絵付け体験や七日町通りの散策を楽しむ。

会津若松駅からの復路で「フルーティアふくしま」専用臨時列車に乗車。「割烹 田季野」(会津若松市)がプロデュースし、「ワインとフランス家庭料理ココット」(会津若松市)のオーナーシェフ、渡辺正樹氏が腕をふるった「会津のフレンチディナー」を味わう。「TRAIN SUITE 四季島」でも活躍するバーテンダー、岩田尚志氏のオリジナルカクテルも楽しめる。

旅行代金の総額は1万8,000円だが、「Go To トラベル」の対象となるため、支払いの実額は1万1,700円となり、地域共通クーポン券3,000円分も発行される。なお、2名での参加限定の旅行商品となっており、こども料金は設定されない。募集人数は24名。JR東日本仙台支社サイトにて、11月13日11時から販売開始する。

#JR東日本 #観光列車 #電車


JR東日本、クリスマス限定「フルーティアふくしま」専用臨時列車

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も