「ヨシ!」 福島県の会津鉄道で、くまみねさんが手がける人気キャラクター「仕事猫」のヘッドマークを掲出した列車が走っています。おぉぉ〜〜!
仕事猫ヘッドマークの車両に遭遇した大垣電鐵さんの投稿にも、「ヨシ!」「どうして……」といった反応が即座に上がり、早速話題になりました。
ヘッドマークに描かれた仕事猫は「ぴーち」くん。「ネコが働く駅」として知られる会津鉄道の芦ノ牧温泉駅(会津若松市)で、実際に“施設長”を務めていたアメリカンカールのネコちゃんです。
ぴーちくんは2020年3月、アトピー性皮膚炎の治療に専念するために退職しましたが、らぶ駅長とともに変わらず愛されており、たまに駅へ遊びに来て元気な姿を見せてくれています。
●「少しでも明るい話題を提供できれば」 駅ネコ×仕事猫、公式コラボが実現
このほっこりコラボはどんな背景で実現したのでしょう。会津鉄道と芦ノ牧温泉駅に話を聞きました。
このぴーちくん、以前から仕事猫(現場猫)に似ていると話題になっていました。実際にぴーちくんも、ヘルメットをかぶった仕事猫コスプレを披露しています。
芦ノ牧温泉駅の運営を委託されている「芦ノ牧温泉駅を守る会」広報・営業担当の小林洋介さんが「少しでも明るい話題を提供できれば」とコラボをくまみねさんに相談。くまみねさんも「以前、会津鉄道を利用したことがある」とのことで、快く承諾してくれたといいます。
こうして10月14日の「鉄道の日」関連記念イベントに向け、公式コラボが実現。車両に「ぴーち仕事猫」のヘッドマークが掲出されたのでした。安全運行、ヨシ!
芦ノ牧温泉駅では、記念撮影パネル設置や記念グッズ販売も展開。駅には連日多くの仕事猫ファンが集まっています。SNSでも好評のようで、小林さんも「皆さまに楽しんで頂けているようで何よりです」と話します。
「コロナ禍で地方の観光は非常に深刻なダメージを受けています。Go To トラベルキャンペーンも始まっておりますので、ぜひ、この機会に会津鉄道に乗って旅行していたければと思います」(小林さん)
仕事猫ヘッドマークを掲出する列車は、会津若松〜会津田島間で1日4本運行。会津若松駅7時51分発、12時発、14時59分発、18時6分発。2020年11月30日まで掲出予定です。皆さんも会いに行ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに仕事猫が生まれた経緯はちょっと複雑で、くまみねさんが2015年に初めてツイートした、電話をしているネコのイラストが元になっています。このネコが何度か話題になるうちに「電話猫」と呼ばれるようになり、工事現場で指さし確認するネコにコラージュされて「ヨシ!」。「現場猫」として愛されるようになりました。その後、くまみねさん自身が再デザインし、「仕事猫現場」の名前で公式に展開。LINEスタンプや公式グッズも多く登場しています。

(大泉勝彦)

#投稿


「ヨシ!」 会津鉄道で公式「仕事猫」列車運行中 「どうして?」夢コラボ実現にほっこり

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ