JR北海道が6日発表した2020年9月中間連結決算は、純損益が149億円の赤字(前年同期は3億円の赤字)だった。赤字幅は、連結中間決算の公表を始めた2000年以降で最大。新型コロナウイルスの影響で鉄道運輸収入が半分近く減少したことが響いた。
売上高に当たる営業収益は前年同期比39.2%減の519億円。鉄道やバスの運輸収入が大幅に減少したほか、小売業やホテル業など全ての事業が減収となった。営業損失も385億円(同149億円)に拡大し過去最大だった。
同社は来春のダイヤ改正で減便を行うなど、経費削減を進める方針。21年3月期の業績予想は公表していない。

#収入 #JR北海道 #減少 #営業


JR北海道、赤字149億円=過去最大、運輸収入半減—9月中間

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について