[画像: https://prtimes.jp/i/7098/40/resize/d7098-40-399778-0.png”>

HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、SaaS認証基盤(IDaaS)「HENNGE One」が、日本貨物鉄道株式会社の場所にとらわれず、時間を有効に活用して働ける環境を実現するために導入されたことを発表します。

日本貨物鉄道株式会社は、近年のビジネス環境の急速な変化への対応と持続的な成長を実現すべくスタートさせた「業務創造推進プロジェクト」の施策のひとつとして、最新のIT技術を積極的に活用し、社内の業務プロセスの見直しや標準化、コンテンツのデジタル化および一元管理等を進めています。

複数のクラウドサービスを利用していく上で社内外からいかにしてサービスを安全かつ快適に利用できるようにするかというのが課題となり、シングルサインオンでセキュアにアクセスできる認証基盤が不可欠でありました。HENNGE Oneの導入により「いつでも・どこでも・誰とでもつながる次世代ITインフラ」の実現に一歩近づくことができました。

今回HENNGE Oneが導入された主な理由は、シングルサインオンでセキュアにアクセスできる認証基盤が必要だったことと、HENNGE Oneが国内でトップシェアを持っていて実績も豊富であることです。

HENNGEは今後も、HENNGE Oneの導入などを通じて、クラウドサービス活用を支援してまいります。

■HENNGE Oneについて
Microsoft 365、Google Workspace、 Box、 LINE WORKSなど、 さまざまなクラウドサービスに対して横断的に、 セキュアなアクセスとシングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)。

■HENNGE株式会社について
「テクノロジーの解放」を理念に、 独自の技術や時代に即した新しいテクノロジーを探し出し、 他社に先駆けて、 テクノロジーと現実の間のギャップを埋めるサービスを開発しています。

会社名:HENNGE株式会社
証券コード: 4475
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長 小椋 一宏
URL: https://hennge.com/

<本リリースに関するお問い合わせ先>
HENNGE株式会社
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
Corporate Communication Office Division 担当:山本
TEL:03-6415-3660
E-mail:info@hennge.com

#株式会社 #環境 #アクセス #東京


日本貨物鉄道株式会社、社内外からクラウドサービスへシングルサインオンでセキュアにアクセスできる環境をHENNGE Oneで実現

関連記事

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定