近年、エスカレーターでの転倒などの事故が増えている。2019年には都内だけでもエスカレーター関連の救急搬送は1428件で、過去5年で最多を記録した。全国50の鉄道事業社などは、エスカレーターは歩かず両側に立つよう呼びかけるキャンペーンを10月26日(2020年)から一斉にスタートした。

本来、エスカレーターは歩くようには設計されておらず、手すりにつかまって乗ることが前提になっている。しかし、関東では主に右側、大阪周辺では左側を急ぐ人のために空けることがマナーとして定着してしまっている。「グッとラック」が2日(2020年11月)の通勤ラッシュ時に、1日およそ9万人が乗り降りする横浜市内の駅構内にあるエスカレーターで検証したところ、100人中、左側に立ち止まって乗っている人が44人、右側を歩いている人が56人だった。

高度成長期に大阪でうまれた「片側空け」、スピード重視で浸透

江戸川大学の斗鬼正一名誉教授によると、日本で最初に片側空けを推奨したのは1967年、大阪・梅田駅の阪急電鉄の歩く歩道、エスカレーター。高度経済成長期で、スピードが叫ばれる時代で、エスカレーターが急ピッチで全国的に整備される中、片側空けも急速に浸透していったという。

効率重視で推奨されたわけだが、実は効率という面でも片側空けは良くない。2015年、ロンドンの地下鉄で3週間にわたりエスカレーターの「両側立ち」を呼びかけたところ、片側を空けてもう片方を歩く人が使うより輸送能力が30%アップすることが実証された。

斗鬼名誉教授は「みんなが同じように早く昇れて、しかも安全。2列の方が当然良いです」と話す。

果たして、「エスカレーターの両側立ち」という新しいマナーは日本で定着するのだろうか。斗鬼名誉教授は「一律で『片側空け』を禁止してもなかなか定着しない。まずは急ぐ必要のないデパートや商業施設などから部分的に禁止していくべき」と話している。

キャスターの #立川志らく 「デパートなんかでは大丈夫でしょうが、朝のラッシュでしょうね、問題は」

キャスターの #田村淳 「下りが怖いんですよね。後ろから来られて、肩がちょっと接触しただけで、転倒の危険性がありますから。僕は止まっていますが、通り抜けて行く人には感想を漏らすように『急いでるなぁー』って言います。『止まれ』というと角が立つから」

#エスカレーター #キャンペーン #ワイドショー #通信


【ワイドショー通信簿】「エスカレーター、両側立ち」って定着するの? 鉄道各社が一斉キャンペーン!輸送効率30%アップの実証結果もあるってホント?(グッとラック!)

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討