JR西日本が30日発表した9月中間連結決算は、純損益が1281億円の赤字(前年同期は804億円の黒字)となった。中間決算での赤字は初めて。新型コロナウイルスの影響で鉄道の運輸収入が6割減ったことに加え、非鉄道事業も不振だった。
売上高は前年同期比48.8%減の3899億円と、連結決算開示後では最低となった。運輸収入は新幹線が前年同期の3割を切り、在来線も5割にとどまった。駅構内で商業施設を運営する「駅ナカ」やホテルなどの事業も大幅減収だった。

#JR #コロナ禍 #連結決算 #収入


JR西日本、赤字1281億円 中間決算初、コロナで鉄道利用減

関連記事

JR九州、西九州新幹線の車両デザイン決定 – 毛筆の「かもめ」書体

BS日テレの大人気番組「友近・礼二の妄想トレイン」を巻頭大特集!『脳内&リアルに楽しむ!達人が教える鉄道旅』2021年7月29日(木)発売!

50年前の廃線車両、「避密」の宿に…1両1室貸し切りで人気

JR西日本、電気式気動車DEC700形の技術的検証を8月中旬から実施へ

須田亜香里、股の間に“異物侵入”で村井美樹が「イケる?」質問シーンが激艶!

JR東日本、電気式気動車GV-E400系の運転体験 – つがる運輸区で開催