JR西日本が30日発表した9月中間連結決算は、純損益が1281億円の赤字(前年同期は804億円の黒字)となった。中間決算での赤字は初めて。新型コロナウイルスの影響で鉄道の運輸収入が6割減ったことに加え、非鉄道事業も不振だった。
売上高は前年同期比48.8%減の3899億円と、連結決算開示後では最低となった。運輸収入は新幹線が前年同期の3割を切り、在来線も5割にとどまった。駅構内で商業施設を運営する「駅ナカ」やホテルなどの事業も大幅減収だった。

#JR #コロナ禍 #連結決算 #収入


JR西日本、赤字1281億円 中間決算初、コロナで鉄道利用減

関連記事

方向幕「西武遊園地前」は見納め!? メットライフドームの101系クハ1262が更新、外観に変化

「Gakken ニューブロック」に新幹線E5系「はやぶさバッグ」新登場

「富士山登山鉄道構想」は実現する? ヨーロッパの事例から可能性を探る

「鬼滅の刃」の全面広告電車、バンコクの高架鉄道に

京都鉄道博物館「プラレール鉄道」本格始動に合わせたイベント開催

JR西日本「DLやまぐち号」復路のみ季節限定のヘッドマークを掲出へ