写真は鉄道博物館の発表資料から

鉄道、人形、盆栽、漫画の4つをキーワードにさいたま市の文化を発信するアートプロジェクトの特設展示が11月15日まで、同市の鉄道博物館で開かれている。

浦和、与野、大宮、岩槻の4市が統合されたさいたま市はアートによる地域振興に取り組む。今秋は旧大宮の鉄道、盆栽、漫画、旧岩槻の人形といった地域の歴史を表す文化資産の展示会を企画。同市大宮区の鉄道博物館は展示施設の一つに選ばれ、地域の文化振興に協力する。

館内では、大型パネルや写真で鉄道の文化財としての価値をアピール。鉄博以外では、大宮盆栽美術館、岩槻人形博物、さいたま市立漫画会館でも裏アート展が開催中だ。

文:上里夏生

#たま #博物館 #アピール #大宮


鉄道の街・さいたまをアピール 鉄道博物館で「裏アートさいたま」の特設展示

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題