JR九州は26日、西九州新幹線の開業に合わせ、2022年秋にデビューするD&S列車「ふたつ星4047」のデザインとロゴマークを発表した。あわせて「はやとの風」を2021年度内で運転を終了することも発表された。

「ふたつ星4047」イメージイラスト(提供 : JR九州)Design&Illustration by Eiji Mitooka + Don Design Associates

2022年秋から運行開始予定の「ふたつ星4047」は、佐賀県と長崎県を海に面したルートで走行するD&S列車に。コンセプトを「西九州の海めぐり列車」とし、外観イメージは有明海・大村湾の水面に映えるパールメタリックを基調にデザインした。車体の随所にあしらった金色のロゴとラインが、西九州の美しい自然に映えるようにデザインされているという。

ロゴマークは、佐賀県と長崎県という九州の観光の「スター」が並び立つ様子をイメージ。この「ふたつの星」が九州の観光をリードし、九州を元気にしていく様子をイメージしている。

「ふたつ星4047」ロゴマーク(提供 : JR九州)
車両編成(提供 : JR九州)
「ビュッフェ・ラウンジ車」イメージ(提供 : JR九州)

車両編成はキハ47形・キハ140形・キハ147形の3両編成で、定員は80名程度、全車指定席となる。2両目に共用スペースとビュッフェ(販売カウンター)を配置した「ビュッフェ・ラウンジ車」を連結し、客室乗務員により沿線の軽食・飲料・スイーツなどの販売を予定している。

「ふたつ星4047」の車両に使用されるため、「はやとの風」は2021年度内で運転終了に

「ふたつ星4047」の車両は、現在運転を取りやめている「はやとの風」と「いさぶろう・しんぺい」の予備車両を使用する。これにともない、吉松~鹿児島中央間(肥薩線・日豊本線経由)で運転されたD&S列車「はやとの風」は2021年度内で運転を終了することになった。

#JR九州 #車両新造 #改造 #観光列車 #気動車


JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。