JR四国は、観光列車「伊予灘ものがたり」の現行車両での運行が最後となる12月27日に「伊予灘ものがたりラストランツアー」を開催し、募集型旅行商品として発売すると発表した。

観光列車「伊予灘ものがたり」

ラストランツアーは、「大洲編(松山駅8時26分発・伊予大洲駅10時27分着)」「道後編(八幡浜駅16時5分発・松山駅18時17分着)」の2コースを設定。大洲編では「ヨーヨーキッチン!」、道後編では「Petit Paris」の特別料理を提供する。両コースともに「伊予灘ものがたり」アテンダントOGが添乗員として同行。プロのカメラマンも同行し、現行車両との最後の思い出を撮影するという。

参加者には、2022年春に登場する予定の新たな「伊予灘ものがたり」への思いをつなぐグッズとしてJR四国が用意したツアー限定ノベルティ「ラストラン記念オリジナル竹箸」をプレゼントする。

旅行代金は大人・こども同額で2万円。代金は「伊予灘ものがたり」乗車運賃・料金と車内で提供される食事代、ノベルティ代、JR四国の主要駅から集合解散駅まで特急列車自由席を利用できるツアー専用きっぷを含む。募集人数は各便40人。11月26日10時から、JR四国ワープ各支店、駅ワーププラザ、JR四国旅の予約センター、JR四国ツアーサイトで申込みを受け付ける。

#JR四国 #鉄道車両の引退 #気動車 #鉄道イベント


JR四国「伊予灘ものがたり」現行車両ラストランツアー、12/27開催

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介