JR北海道は24日、移動しながら快適に仕事ができる「新たな旅のスタイル」の提供をめざし、全車両Wi-Fi完備・全座席コンセント利用可能な「はまなす編成」(キハ261系5000番台)にて、テレワーク実証実験を12月の10日間実施すると発表した。

「はまなす編成」の特急「宗谷」でテレワーク実証実験が行われる(提供 : JR北海道)

テレワーク実証実験は12月2・4・6・8・10・12・14・16・18・20日の10日間、特急「宗谷」(下り)として走る「はまなす編成」の札幌~稚内間において実施。多目的室をテレワークスペースとして提供するほか、「はまなすラウンジ」の一部ボックス席をテレワーク優先席として設定する。

多目的室を利用する際、有効な乗車券類(乗車券・特急券)を購入して対象列車に乗車し、「はまなすラウンジ」横の受付係員に申し出る必要がある。利用に際して追加料金は発生しない。利用可能な時間は1人30分間だが、他の利用希望者が待っていない場合は継続利用が可能。「はまなすラウンジ」のテレワーク優先席は受付不要となっている。

「はまなす編成」の多目的室がテレワークスペースに(提供 : JR北海道)
「はまなすラウンジ」の一部ボックス席をテレワーク優先席として設定(提供 : JR北海道)

なお、気分の優れない人や授乳での利用希望者がいる場合は、テレワークの利用途中であっても席を譲ることが求められている。

#JR北海道 #新型車両 #気動車 #特急列車


JR北海道「はまなす編成」の特急「宗谷」12月にテレワーク実証実験

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。