JR東日本盛岡支社は24日、運行終了が決まった「SL銀河」の蒸気機関車を間近で見て、重厚さと繊細さを体感してもらうべく、普段は公開していない「盛岡車両センターSL検修庫」の見学会を12月に開催すると発表した。12月8・16・22・23日に開催され、12月8日は運転台乗車体験も可能なプレミアム見学会を予定している。

検修庫内の蒸気機関車のイメージ(提供 : JR東日本盛岡支社)

見学会では、盛岡車両センターSL検修庫内の施設見学、蒸気機関車の説明、展示コーナー見学を予定しており、整備のために部品を取り外して検査を行う様子、石炭を燃やしながら検査を行う様子など、その時々でしか見られない状態を見られるという。

12月8日に開催するプレミアム見学会では、SL防寒着と制帽を着てブレーキ操作や汽笛を鳴らす体験に加え、運転席に座って写真撮影も可能。晴天時は転車台実演、雨天時は蒸気噴射実演が行われる。

蒸気噴射のイメージ(提供 : JR東日本盛岡支社)

12月8日のプレミアム見学会は10~12時(午前の分)・14~16時(午後の分)の2回開催。12月16・22・23日の見学会は15~16時に開催される。いずれの開催日も「JRE MALL」盛岡支社ページにて、11月25日10時から申込みを受け付ける。参加費用は12月8日のプレミアム見学会が3万円(中学生以上)、12月16・22・23日の見学会が2,000円(小学生以上)となる。

#JR東日本 #蒸気機関車 #子鉄 #鉄道イベント


JR東日本、運行終了が決まった「SL銀河」関連の見学会を12月に開催

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介