京阪電気鉄道は24日、京橋駅1・2番線ホーム(京都方面行ホーム)において、同社初となる可動式ホーム柵の設置工事の準備が整ったことを受け、1番線ホームは2022年1月30日初発列車から、2番線ホームは2月20日初発列車から使用開始すると発表した。

可動式ホーム柵イメージ(可動ドア部分)

京阪線では、これまで車両形式によって扉の枚数や位置が異なっていたため、ホームドアの整備が困難な状況だったが、5扉車両を3扉車両へ置き換えるなど、車両の更新計画を一部前倒しして進めたことにより、可動式ホーム柵を整備できる状況が整った。

設置される可動式ホーム柵は腰高式で、高さは最大1,340mm(柵本体)、開口幅は3,000~4,540mm(場所により異なる)、厚みは約200~360mm(柵本体)となる。

可動式ホーム柵の設置イメージ
京阪本線京橋駅1・2番線ホーム(赤線部分が可動式ホーム柵設置個所)

使用開始に先立ち、1番線ホームは12月4日の夜間、2番線ホームは1月8日の夜間に、ホーム上に可動式ホーム柵を設置する予定。使用開始までの間、可動扉がつねに開放した状態になるとのこと。

#ホームドア #駅 #京阪電気鉄道 #電車


京阪電気鉄道で初、京橋駅に可動式ホーム柵 – 1月末から使用開始へ

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介