支援物資と生活・生産物資1000トン以上を満載した貨物輸送専用列車が20日午後4時30分、新疆ウイグル自治区の烏西駅から発車した。専用列車は霍爾果斯鉄道口岸から出境し、鉄道とトラック輸送でアフガニスタンのマザーリシャリーフまで届けられる。この輸送には12日前後を要するとみられている。新華社が伝えた。

この列車は中国で3本目の中国・新疆〜アフガン貨物輸送専用列車だ。50基の40フィートコンテナを積むこの列車は新疆から、綿入れや毛布、ナン、粉末ミルクティーなどのアフガン人の越冬に必要な生活・生産などの物資を届ける。

今回の物資を無事輸送させるため、新疆鉄道当局は税関や貨物輸送代理業者との連携を強化し、専用列車の通関に「ワンストップ」のサービスを提供した。列車が口岸に到着してからスムーズに検査を受け通関できるようにし、列車の待機時間を最大限短縮している。

貨物輸送代理業務を担当する浙江鉄盟国際物流の業務責任者の馬超(マー・チャオ)氏は、「人道支援物資を早急にアフガンに届けるため、当社はインターモーダル輸送の新ルートを模索した。今年6月末より、すでに貨物輸送列車で人道支援物資やその他の生活・生産物資を累計2600トン以上輸送している」と説明した。

新疆とアフガンは隣接しているため、輸送距離が短い。中国・新疆〜アフガン列車の運行開始は、人道支援物資の輸送ルートを切り開いた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

#中国 #アフガン #毛布 #新疆


中国がアフガンに綿入れや毛布などの越冬物資を支援—中国メディア

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介