岐阜県池田町は、ふるさと納税制度を活用して寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」で、町内を走る養老鉄道のレールを支える枕木のオーナー会員募集を始めた。寄付金は駅周辺のイルミネーションや町内の各駅で実施するイベント費用の一部に充て、減少傾向にある利用客の増加を図る。12月末まで募集し、目標額は100万円。

オーナー会員は2万、3万、5万円の3種類から選べる。返礼として金額に応じた金、銀、白色のプレートが駅ホーム近くの枕木に1年間取り付けられる。プレートにはオーナー名とメッセージを印字することができ、希望すれば1年後に受け取ることができる。

枕木は全線57・5キロの養老鉄道に約10万本敷設されている。プレート設置は駅ホーム近くが対象で、3万円以上では設置駅が指定できる。同町担当者は「寄付者に設置されたプレートを見に来てもらうなど、利用客増加を図りたい」と話している。

池田町は沿線7市町で作る、線路などを保有している「養老線管理機構」に毎年約1億円を補塡(ほてん)している。

申し込みは、インターネットのふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」(https://www.furusato-tax.jp/gcf/1210)で受け付けている。【川瀬慎一朗】

#寄付 #岐阜県


養老鉄道の枕木オーナー募集 岐阜・池田町ふるさと納税を活用

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。