京王電鉄は、三菱商事が展開する非対面発送サービス「SMARI(スマリ)」を鉄道会社として初めて導入し、鉄道を活用して集荷する実証実験を京王線・井の頭線で実施すると発表した。

京王線・井の頭線の5駅に「スマリボックス」を設置し、集荷した商品を京王線の下り列車に積載するという

「SMARI」は、提携する企業のレンタル商品・EC商品を専用の「スマリボックス」に投函することで、伝票記入などの手続きなく返却・返品ができるサービス。サブスクリプションによるレンタルサービスなどの成長に合わせて返却・返品ニーズが高まっていることから、駅で返却・返品できる環境を提供することで沿線の利便性向上を図る。

11月20日から実証実験を開始しており、2022年3月31日まで実施予定。初台駅、幡ヶ谷駅、桜上水駅、八幡山駅(京王リトナード八幡山)、永福町駅(京王リトナード永福町)の計5カ所に「スマリボックス」を設置し、返却・返品する商品を集荷する。集荷した商品は新宿駅から八幡山駅へ向かう下り列車に積載し、京王運輸世田谷営業所まで配送する。飛騨高山の農産物を担当する京王運輸の配送員が集荷作業を行う。

京王運輸の配送員が駅に設置した「スマリボックス」から商品を回収してキャリーケースで運び、鉄道車両で輸送する(イメージ)
商品の配送イメージ
「スマリボックス」を利用した返却・返品の手順

今回設置される「スマリボックス」は、「京王リトナード八幡山」のみ24時間利用可能。その他の場所は初電から終電まで利用可能となる。商品を返却・返品する場合は、レンタルサイト・ECサイトであらかじめ取得したQRコードを「スマリボックス」のモニターにかざし、印刷されたラベルを商品に貼り付けてボックスに投函することで、手続きが完了する。

#京王電鉄 #電車


京王線・井の頭線で「SMARI」の実証実験、専用ボックスを5駅に設置

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。