JR東日本のICカード乗車券「Suica(スイカ)」が発売から20周年を迎えた。発行枚数は9月末時点で8759万枚にのぼる。本業の鉄道事業がコロナ禍で打撃を受けており、JR東日本はSuicaを始めとする非鉄道事業を強化する。

Suicaは2001年11月18日、首都圏の約420駅で使えるIC乗車券としてサービスを開始した。他の交通機関で利用できるエリアの拡大に加え、電子マネーとしても使えるので、日常的な決済手段として人気となった。

06年には携帯電話で使える「モバイルSuica」を始めた。すでに発行枚数は1500万枚を超え、ネット通販や金融サービスなど、様々な事業を展開する基盤になっている。JR東日本は、Suicaの利用で顧客を囲い込む独自の「経済圏」を築き、収益の柱にしたい考えだ。

#経済 #JR東日本 #ICカード #スイカ


Suica20周年、発行枚数は8759万枚…「経済圏」で非鉄道の収益強化

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介