企画展「ハリー・ポッターと魔法の歴史」のメインビジュアル(資料:東日本鉄道文化財団)

魔法使いの男の子が主人公のファンタジー小説として、日本でも多くのファンを持つ「ハリー・ポッター」シリーズ。映画もヒットした。

物語の背景になるイギリスの伝承や文化、魔法の歴史などを多くの資料で紹介する企画展「ハリー・ポッターと魔法の歴史」が、2021年12月18日から2022年3月27日までJR東京駅で開かれる。

会場は、赤レンガのJR東京駅丸の内駅舎を利用した美術館「東京ステーションギャラリー」。ギャラリーを運営する、JR東日本グループで文化事業を担当する東日本鉄道文化財団が、ハリー・ポッターの資料を所蔵する大英図書館、それに読売新聞社と共同で企画した。

大英図書館は2017年に企画を開催。その後、国際巡回展が始まった。同図書館の所蔵品が大規模に日本で公開されるのは、今回が初めてという。

ハリー・ポッターを生み出したのは、世界各国の魔法や占いに関する歴史や伝承の研究。企画展は、魔法を教えるホグワーツ魔法魔術学校の科目にならう形で、「魔法薬学」「錬金術」「天文学」といった10章(コーナー)で構成される。

目玉は、「賢者の石」の作り方を記した全長4メートルもある錬金術の写本「リプリー・スクロール」。シリーズ原作者、J・K・ローリングの直筆原稿やスケッチなど、会場全体では約140点の資料で、ハリー・ポッターの世界に迫る。

開館時間10〜18時(金・土曜日は20時まで)。毎週月曜日は休館(例外あり)。チケットは原則事前購入制で、定員に余裕がある場合は、ギャラリー窓口で当日券を販売する。詳細は企画展名で検索を。

記事:上里夏生

#ハリー・ポッター #東京駅 #東日本 #財団


ハリー・ポッターの世界がJR東京駅に 東日本鉄道文化財団と大英図書館が今冬、企画展を開催

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。