「路線を維持するのがやっと」「地域の意向は無視できない」。総務省が、遮断機と警報機がない第4種踏切の対策を国土交通省に求める背景には、地方の鉄道事業者が抱えるこんな事情が垣間見える。危険な踏切の削減に向け、事業者の支援が急がれる。(児玉森生、木村雄二)

■警報機だけでも

秋田県仙北市の田畑が広がる小山田地区。集落から農地へとつながる里道上に、秋田内陸縦貫鉄道の「鎌足踏切」がある。車1台がやっと通れるほどの幅で、警報機と遮断機はない。

ここで2019年6月、男性(当時80歳)が乗った田植え機と列車が衝突し、男性が死亡した。農地へ向かう途中で、列車に気付かなかったとみられる。

踏切付近は緩いカーブで、約300メートル先にある森の陰から列車が現れる。近くに住む60歳代の女性は「農地へ行く人が通る場所で、気をつけている。お年寄りが多く、せめて警報機だけでも付けてほしい」と話す。

男性の妻(78)も「列車の接近を知らせる設備があれば、夫も渡ろうとはしなかったのでは」と語る。

同鉄道が事故後、警報機や遮断機の設置を検討したところ、電線の敷設などを含め7000万〜8000万円に上ることがわかった。国や県の補助で路線を維持している状態で余裕がなく、設置を断念。踏切の手前を黄色く塗って注意を促す対策をとった。

同鉄道の斉藤伸一運輸部長は「路線を維持するのがやっとで、安全対策は負担が大きい。国の支援を拡充してほしい」と訴える。

■農作業に支障

茨城県ひたちなか市にある第4種踏切「三反田第一踏切道」は、ひたちなか海浜鉄道が廃止方針を示しているが、存続を求める人が多く、実現していない。

この踏切では19年5月4日、列車と軽トラックが衝突し、軽トラックを運転していた近くの女性(当時76歳)が死亡した。

踏切は田園地帯の市道上にあり、農繁期の4〜5月と8〜9月は、農家のトラクターや軽トラックが頻繁に通る。周囲には他にも四つの第4種踏切があり、同鉄道は昨秋、事故が起きた踏切を含めて複数箇所の廃止を地元に打診したが、話し合いは進んでいない。

数十戸の農家でつくる地元水利組合の打越福雄組合長(68)は「廃止されると、相当の回り道をしなくてはならないので農作業に支障がでる。農家は高齢化しており、警報機か遮断機を付けてほしい」と要望する。

#踏切 #経営 #警報 #無視


経営厳しい地方鉄道、危険な踏切に手が回らず…「路線維持がやっと」

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介