JR東海とJR西日本は、東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」が9月で20周年を迎えたことを受け、「のぞみ」を利用する「エクスプレス予約」「スマートEX」会員が特定の条件を満たせばこども料金が実質無料となるキャンペーンを11月24日から12月19日まで実施すると発表した。

東海道・山陽新幹線の車両N700S

こども料金が実質無料となる条件として、「エクスプレス予約」個人会員または「スマートEX」会員であること、対象区間の「のぞみ」普通車指定席・グリーン車の対象商品(早特商品・e特急券は対象外)の「おとな」と同時に「こども」を購入すること、全員がICサービス(チケットレス乗車)で乗車することが挙げられている。

2022年3月に「のぞみ」が30周年を迎えることへの感謝の気持ちを込め、東海道・山陽新幹線「のぞみ」の利用者を対象とし、「のぞみ」の停車駅相互間(東京~新横浜間など一部区間を除く)が対象区間に。ただし、列車を乗り継ぐ場合は対象外となる。

これらの条件を満たした場合、2週間程度で「こども」の利用代金がクレジットカードに返金され、「エクスプレス予約」や「スマートEX」の登録メールアドレスに案内が送信される。返金額はクレジットカードの利用明細書で確認できる。

#JR東海 #JR西日本 #新幹線 #子鉄 #電車


東海道・山陽新幹線「のぞみ」条件満たせばこども料金が実質無料に

関連記事

まるでマッサージチェア?台湾鉄道の座席が揺れすぎ—中国メディア

昭和を代表する特急・デラックスロマンカー今よみがえる 東武鉄道が「デラックスロマンスカーカラー」スペーシア運行【コラム】

JR東日本、アニメ『俺ガイル』とコラボ – スタンプラリーなど開催

JR東日本など「新幹線オフィス車両」利用者限定のサブスクサービス

近江鉄道「近江十景とれいん」沿線の歴史スポットを浮世絵風に紹介

小田急電鉄「駅スタンプラリー」ロマンスカーの図柄の9駅が対象に