文・写真=村井美樹 編集協力=西垣一葉(春燈社)

なんてことない風景がいい

ローカル線には、ロードムービーのような魅力があると思っています。ゆったりと流れるのどかな空気。何も考えずに頭を空っぽにして、車窓の風景を眺めているだけで心が満たされていく感覚。乗るたびに、なんてことない日常の風景に感動してしまうのです。

たとえば、田んぼの風景。のと鉄道では、海と水田がつながっているように見える眺望に心を奪われました。のと鉄道は、石川県・能登半島の七尾湾沿いを七尾駅から穴水駅まで走る路線で、穏やかな内海と豊かな田園風景を楽しめます。

私が乗車したのは、ちょうど田植え前の田んぼに水が張っている季節。奥には七尾湾が広がり、手前には水田が一面に並んでいました。それが車窓からとても近くに見えて、まるで海と水田がつながっているような不思議な景色だったのです。この時期にしか出会えない貴重な光景でした。

能登の風情を感じながら、さらにじっくりと景色を堪能したい人には「のと里山里海号」という観光列車もあります。車内には能登の伝統工芸品があしらわれ、座席も景色が見やすいように配置されています。ビュースポットでは、一時停車したりゆっくり走ってくれたりするサービスも。

また、JR大糸線の水田の風景も印象的でした。この路線は長野県の松本駅から南小谷駅を経て、新潟県の糸魚川駅までを結んでいますが、田植え前の季節には田んぼが水鏡のようになって、周囲の山や青空をきれいに映しだすのです。

湖沿いを走る区間では、その水鏡と湖がつながっていくような感じになり、遠くから見るとまるで列車が水の上を走っているかのよう!

住んでらっしゃる方にとっては日常の風景なのでしょうが、私にとっては絶景になる。そんな素晴らしい場所が、ローカル線にはたくさんあります。

四季折々の景色を楽しむ

ローカル線の楽しみのひとつは、同じ路線に乗っていても四季折々で車窓がまったく違うということ。水が張っている季節の田んぼの話をしましたが、田舎の田園風景も、季節によってまったく異なる表情を見せてくれます。夏は青い稲が鮮やかで青空とのコントラストが美しく、秋が深まれば稲穂が黄金色になって夕暮れ時にはキラキラと輝きます。そして、冬は一面の雪景色。外はしんしんと雪が降る中、暖かい列車に乗って車窓を眺めているのは、守られているような安心感があります。

天気によっても車窓は異なります。晴天なら見晴らしが良いですし、雨なら雨でまた違う風情を味わえます。たとえば、梅雨の時期に草木がしっとり濡れていて、その緑のトンネルを列車で通っていく瞬間などは、なんとも言えない旅情があって良いものです。

その瞬間、その場所でしか出会えない車窓からの風景。ローカル線の旅は一期一会だなと、いつも感じています。しばらくコロナ禍で思うように鉄道旅に出かけられませんでしたが、最近、少しずつ状況も改善してきているようです。このまま終息して、また以前のように気がねなく四季の車窓を楽しみたいですね。

その時がきたら、まず乗ってみたいのは、冬の津軽鉄道。夏には乗ったことがあるのですが、3歳の娘にびっくりするような雪を見せてあげたいのです。東京だと何メートルもの積雪を目にすることはないので、冬を感じられる場所に連れて行きたい!

津軽鉄道には冬限定で運行される「ストーブ列車」があって、昭和を感じるノスタルジックな客車にダルマストーブがついています。そのストーブでスルメを焼いて食べることも楽しみのひとつ。出発駅の津軽五所川原駅から終着駅の津軽中里駅まで、どこか懐かしい雰囲気の中で雪国の冬景色を堪能できます。

それから、紅葉の黒部峡谷鉄道。ここは以前にも紅葉シーズンに訪れたのですが、また行ってみたい大好きな路線です。

黒部峡谷鉄道は、もともと黒部ダムの建設のために作られました。そのため、山道でも走りやすい幅の狭い線路(ナローゲージ)で、車体も普通の列車に比べて小さいトロッコ電車です。その可愛らしい列車が峡谷沿いを走っていくのですが、息を呑むような錦の紅葉と、エメラルドグリーンに煌く黒部川のコントラストがなんとも素晴らしいのです。

まるで色が襲いかかってくるような圧倒される絶景で、「もう一度見たい!」とコロナ禍になる前に黒部峡谷鉄道への家族旅行を計画していたのですが、娘の発熱であえなくキャンセルに。色の洪水のようなあの素晴らしい景色を、いつか娘にも体験してほしいですね。

こけし祭りも紅葉も!何度も乗りたい陸羽東線

紅葉といえば、ずっと訪れたいと思っているのが紅葉の時期のJR陸羽東線です。この路線は宮城県の小牛田駅から山形県の新庄駅までを結んでいて、私も何度か乗ったことがあります。というのも、陸羽東線には鳴子温泉駅があり、私はこの駅でたまたま降りたことがきっかけで大のこけし好きに。こけしの魅力にはまって、鳴子温泉をその後も訪れているのです。

鳴子温泉はこけしだらけの街で、郵便ポストや電話ボックス、マンホール、ガードレールの支柱など、あらゆる場所にこけしが! まるでパラレルワールドにきたみたいで、「可愛い!」とテンションが上がってしまいます。

そして、この街のパラレルワールド感がより増すのが、「こけし祭り」。全国からこけしの工人さんが集まって製作実演をされたり、貴重なこけしの展示や販売がされたりと、まさにこけし尽くしの楽しいお祭りです。さらに夜のパレードでは、祭り囃子が響く中、こけしの大きな張りぼてが街中を練り歩いて、まるで異空間に放り出された感覚になります。

思わずこけしの話に熱が入って鉄道から逸れてしまいましたが、この「こけし祭り」は毎年9月の第1土日に開催され、私がよく訪れるのはその時期なのです。木々が色づくにはちょっと早い季節なので、紅葉のベストシーズンの陸羽東線はまだ体験していないというわけです。

陸羽東線では鳴子峡が有名な紅葉スポットとして知られています。起伏に富んだ深い谷が豊かな木々に覆われている絶景ポイントで、紅葉の季節には、それが燃えるような赤や黄色に美しく染まり、その中を陸羽東線が走っていくといいます。そうはいっても、またもやこけし祭りの時期に行ってしまいそうな私ですが(笑)、ぜひ一度は紅葉に染まる陸羽東線を訪れたいと思っています。

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px ‘Hiragino Sans’}span.s1 {font: 17.0px ‘Helvetica Neue’}

筆者:村井 美樹

#日常 #ローカル #魅力


日常の風景も「絶景」になる。村井美樹が語るローカル線の魅力

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。