中国中車唐山機車車両有限公司は17日、ポルトガルのポルト都市鉄道・地下鉄の車両と関連メンテナンスの調達プロジェクトの着工式を行った。これにより、中国初の欧州連合(EU)へ輸出する都市鉄道車両プロジェクトが研究開発・設計の段階から実質的な生産の段階へと進んだことを示している。中国新聞社が伝えた。

同社の王志偉(ワン・ジーウェイ)副チーフエンジニアの説明によると、ポルト地下鉄の車両・メンテナンスプロジェクトは2020年1月21日に契約が交わされた。これは中国中車はEU加盟国の都市鉄道車両市場で初めて契約を勝ち取り、中国の軌道交通設備メーカーのEU市場開拓にとって重要な一里塚になったことを示している。

王氏は、「契約に基づき、当社はポルト地下鉄の運営会社のために4両編成の地下鉄車両18台を製造し、5年間のメンテナンスサービスも提供する。この新しい車両はグリーンな移動、快適、安全という設計理念に合致するもので、ポルト地下鉄のすべての路線で運行が可能だ。定員は346人、最高速度は80km/hに達し、軽量化、低エネルギー消費、低騒音、スマート化などの優位性を備える」と述べた。

ポルトはポルトガル北部の港湾都市で、同国第二の都市であり、北部の重要な経済の中心地でもある。ポルト地下鉄の運営会社がこのたびの車両調達を行ったのは、現地の既存の地下鉄運営における乗客の増加に対応するためであり、また今後の地下鉄網のさらなる拡大もにらんでのことだ。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

#車両 #都市 #輸出


中国初のEUへ輸出する都市鉄道車両プロジェクトが生産スタート—中国メディア

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。