JR西日本は18日、岡山・備後エリアにおいてさらなる安全性・快適性・利便性の向上ならびに省エネ化など持続可能な鉄道運行を実現するため、直流近郊形電車227系をベースとした新型車両を2023年度から順次導入(予定)すると発表した。

岡山・備後エリアに導入される新型車両のイメージ。画像は広島エリアで運転中の227系(提供 : JR西日本岡山支社)

岡山・備後エリアに導入される新型車両は、広島エリア・和歌山エリアで運転中の227系がベースに。車両数は2両編成と3両編成の計101両とされ、山陽本線などに導入予定となっている。

新型車両の詳細仕様や色・デザインなどは決まり次第、随時発表予定とのこと。既存車両と順次入れ替えての導入となる。

#新型車両 #車両新造 #改造 #JR西日本 #電車


JR西日本、岡山・備後エリアに227系ベース新型車両 – 2023年度から

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介