JR九州は17日、九州新幹線部分開業まで運転していた787系の特急「つばめ」を約17年ぶりに博多~鹿児島中央間で特別運行するツアー「懐かしの787系つばめ号乗車のたび」を、12月11・12日(各日日帰り)に実施すると発表した。

787系「つばめ」イメージ

特急「つばめ」は、戦前・戦後を通じて日本の鉄道史に残る、スピードと最新の設計を誇る国鉄の花形特急列車だったという。1930年から約40年にわたり活躍した特急「つばめ」は、国鉄時代の1975年に一度姿を消したが、JR九州により、1992年に鹿児島本線で名門列車として再デビューを果たした。九州に甦った特急「つばめ」は、ガンメタル・カラーの重厚なボディとホテル並みの居住性・サービスを追求し、走り続けたが、九州新幹線の全線開業にともない、2011年3月11日をもって在来線特急列車としての運行を終了した。

12月11・12日に実施予定のツアー「懐かしの787系つばめ号乗車のたび」は、12月11日に博多発・熊本発で鹿児島中央駅へ、12月12日に鹿児島中央発で熊本駅・博多駅へ、787系を運行する日帰りの旅に。両日ともに肥薩おれんじ鉄道の八代~川内間を787系が走行する。参加者全員に記念乗車証もプレゼントされる。

787系が肥薩おれんじ鉄道の八代~川内間を走る予定

このツアーはJR九州トラベルデスクのSTORES予約(クレジットカード決済限定)専用商品となっており、旅行代金はグリーン個室(定員4名)利用で12万円、グリーン席(定員1名)利用で3万3,000円などとなっている。

#JR九州 #特急列車 #鉄道イベント #電車 #中小私鉄 #三セク


JR九州、博多~鹿児島中央間「懐かしの787系つばめ号乗車のたび」

関連記事

都営新宿線、全車両10両化で起きる珍しい現象とは

まるでマッサージチェア?台湾鉄道の座席が揺れすぎ—中国メディア

昭和を代表する特急・デラックスロマンカー今よみがえる 東武鉄道が「デラックスロマンスカーカラー」スペーシア運行【コラム】

JR東日本、アニメ『俺ガイル』とコラボ – スタンプラリーなど開催

JR東日本など「新幹線オフィス車両」利用者限定のサブスクサービス

近江鉄道「近江十景とれいん」沿線の歴史スポットを浮世絵風に紹介