相模鉄道は、「相鉄21000系デビュー記念入場券」を11月27日に発売すると発表した。券面をネイビーブルーとした相鉄線8駅のA型硬券8枚セットで、21000系の運転台からの眺めを三つ折りの専用台紙で表現した。

運転席の眺めを表現した「相鉄21000系デビュー記念入場券」台紙中面
「相鉄21000系デビュー記念入場券」台紙おもて面
大和駅で販売する補充回数券

「相鉄21000系デビュー記念入場券」は1セット1,200円。横浜駅、星川駅、西谷駅、二俣川駅、大和駅、かしわ台駅、いずみ野駅、湘南台駅の計8駅と、通販サイト「きっぷと鉄こもの」にて合計2,500セットを販売する。駅での販売は2021年12月19日まで。通信販売は2022年3月31日まで。いずれも在庫がなくなり次第、販売を終了する。

大和駅ではこれに合わせ、駅長企画として11月27日10~14時限定で補充回数券の販売会を行う。販売区間を大和~瀬谷間とした「普通回数乗車券」「時差回数乗車券」「土・休日割引回数乗車券」について、駅名や日付をゴム印で押印する補充回数券で発券する企画で、3種類を1セットとして、4,500円で販売する。100セット限定。購入者にはノベルティをプレゼントするという。

#相鉄 #記念きっぷ #新型車両 #電車


「相鉄21000系デビュー記念入場券」運転席からの眺めを台紙で表現

関連記事

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道