※2021年4月撮影

トップ画像は、鉄道唱歌にもあった周防灘。日豊本線豊前松江駅構内跨線橋からの眺めです。白い大きな煙突は九州電力豊前発電所。

駅舎側のりば、駅名標と木造駅舎。構内跨線橋の奥は小倉駅方面。

※2021年4月撮影

ホームからも下りの向こうに周防灘が見えます。空気が澄んでいれば対岸、本州山口県が見えるそうです。豊前松江駅の海側は草原が広がっています。

※2021年4月撮影

下りの名所案内。横に小倉駅起点のキロポスト(41.1km)があります。

※2021年4月撮影

駅名標。

※2021年4月撮影

豊前松江駅は、1897年(明治30年)初代豊州鉄道が開設。「木造駅舎コレクション」連載第5回で触れた椎田駅の歴史にも登場しました。ここで簡単に日豊本線の成り立ちを書いておきます。豊州鉄道は、現在のJR九州日豊本線行橋駅〜柳ヶ浦駅間などを運営していた鉄道事業者。1901年(明治34年)九州鉄道に吸収合併されました。九州鉄道は九州で最初の鉄道路線を開設した鉄道事業者。旧九州鉄道本社の建物は門司港の九州鉄道記念館で使われています。

※2005年2月撮影 オリジナル写真が4:3フレームです

九州鉄道は1889年(明治22年)から博多駅〜鳥栖駅、博多駅〜門司駅(現・門司港駅)の他、筑豊炭田の石炭を運ぶ多くの路線を敷設、鉄道事業として隆盛しましたが1906年(明治39年)の鉄道国有法で翌年に国有化されました。九州鉄道の国有化によって日豊本線も帝国鉄道庁の所管になります。1932年(昭和7年)現行駅舎が完成。1945年(昭和20年)山陽本線松江駅(1908年/明治41年官設鉄道が開業)との識別のため豊前松江駅に改称。1971年(昭和46年)業務委託駅になりました。国鉄分割民営化でJR九州に承継されています。

上りホームの小倉駅側から駅舎。バリアフリーのスロープです。

※2021年4月撮影

構内跨線橋を登ります。駅舎手前、八角形のトイレがユニークです。

※2021年4月撮影

跨線橋の上から。小倉方面から特急「ソニック」JR九州883系交流振り子式特急型電車が来ます。

※2021年4月撮影

大分・宮崎側。特急「ソニック」は速いのであっと言う間に通り過ぎました。

※2021年4月撮影

ソニックが見えなくなったので木造駅舎を撮ります。奥の小山の向こう側は「御腰掛(おこしかけ)」というちょっと変わった地名です。古墳時代の第十四代仲哀天皇の神功皇后が天皇に随伴して熊襲征伐に訪れた際に当地で石に腰掛けたという伝説に因むそうです。

※2021年4月撮影

跨線橋から周防灘を望みます。トップ画像よりも正面を見ています。干潟があります。

※2021年4月撮影

下りホームから駅舎。良い佇まいですね。

※2021年4月撮影

ホーム側駅舎正面。

※2021年4月撮影

大分駅側からもう1枚。

※2021年4月撮影

冒頭に書いた様に、豊前松江駅は、サイズ、デザインと現状から筆者が最も好ましいと感じるローカル駅木造駅舎の典型でした。素晴らしい駅舎です。

(写真・文/住田至朗)

※木造駅舎などJR九州さんの許可をいただいて撮影しています。

※駅などについては『JR全線全駅』(弘済出版社/1997)、『週刊朝日百科 JR全駅・全車両基地01-60』(朝日新聞出版/2012-2013)他を参照しています。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。

#九州電力 #発電所 #本州 #草


ホームから周防灘が見えます【木造駅舎コレクション】007

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介