JR東日本東京支社とJR東日本商事は16日、「JRE MALL」と「TRAINIART(トレニアート)」が連携し、秋葉原駅としては初めて鉄道古物を販売(オークション)を11月27日に実施すると発表した。かつてJR東日本の駅で使用されていた「乗車口案内板」や、乗務員が実際に使用していた「懐中時計」などが販売される。

オークション販売商品「乗車口案内板」(当日販売するものと写真は異なる場合がある)(提供 : JR東日本東京支社)
オークション販売商品「懐中時計(昭和62年製)」(当日販売するものと写真は異なる場合がある)(提供 : JR東日本東京支社)
秋葉原駅カードケースのイメージ(提供 : JR東日本東京支社)

鉄道古物の販売は11月27日の10時から15時30分まで秋葉原駅中央改札内で開催され、改札内へ入る際には入場券が必要となる。販売商品は乗車口案内板・懐中時計・行先表示器など。オークション商品は10点(1人1商品につき1入札)、通常販売商品は100点(1人1点まで)を販売する。販売と入札は10時から13時20分まで、落札結果発表は14時20分頃、落札商品の購入・引き渡しは14時20分から15時30分までとなる。

参加するには、11月17日10時から「JRE MALL」で販売される「鉄道古物販売チケット(秋葉原駅カードケース付)」(880円)の購入が必要。なお、会場には「鉄道古物販売チケット(秋葉原駅カードケース付)」で指定の時刻にのみ入場でき、時間内に来場する必要がある(会場への再入場はできない)。また、古物のため数に限りがあり、希望の商品を購入できない場合があるとのこと。

#JR東日本 #鉄道イベント #鉄道グッズ


JR東日本、秋葉原駅でチケット制の鉄道古物オークション11/27開催

関連記事

JR貨物、九州向けEF510形301号機を公開 – 銀色の車体に赤いライン

JR西日本「銀河」紀南コース最終日に「おもてなしウェーブ」を企画

JR東日本、終電時刻繰上げで夜間の施工効率が向上 – 工期1割短縮も

東急池上線長原駅改修プロジェクト竣工へ – 一部に多摩産材を使用

【YouTube】五和駅から改称された合格祈願スポット!大井川鐵道の「合格駅」に行ってみました!

八百万の神や仏たちを庶民生活の視点から大解剖。縁起物に祈りを捧げれば、開運招来。2022年は明るい年になる! 庶民文化研究・町田忍の“ラッキーゴッド”研究の集大成を発刊。