JR東海は、今年8月の大雨により被災し、バスによる代行輸送を実施している飯田線伊那新町~辰野間について、現時点における運転再開見込みが2021年11月中旬になることを発表した。

飯田線から中央本線へ乗り入れて運転される普通列車。車両はJR東海の213系(2016年撮影)

飯田線は現在、豊橋~飯田~伊那新町間で列車の運転を行い、伊那新町~辰野間は被災により不通となっている。JR東海では早期の運転再開に向けた復旧作業に取り組んでおり、伊那新町~宮木~辰野間でバス代行輸送を実施している。

運転再開見込みは2021年11月中旬と発表されたが、天候の状況等により運転再開時期が変更となる場合がある。なお、運転再開日は決まり次第、発表するとしている。

#JR東海 #鉄道災害 #復旧 #電車


JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介