JR北海道釧路支社は、2021年度に迎えた「花咲線全通100周年」「釧路本線全通90周年」「釧路=白糠開通120周年」「石狩線開通40周年」を記念する「周年記念イベント2021」の第2弾を10月30・31日の10~13時、釧路駅で開催すると発表した。

キハ40形国鉄標準色塗装
キハ40形朱色一色塗装
電気式気動車H100形

イベントでは、釧路駅の2番線ホームにて、来春から根室本線(新得~釧路間)に導入予定の電気式気動車H100形(3両連結)と、これまで活躍してきたキハ40形の国鉄標準色塗装・朱色一色塗装(2両連結)を同時に披露。車両展示では、車内に入ることができ、キハ40形車内で実施する「キハ40写真展」も観覧できる。公開時間は10月30・31日ともに11時40分から12時40分まで。見学する際、入場券または有効な乗車券類が必要となる。

その他、イベント中に出発する「JRで“ちょっとお出かけ”モニターツアー」(受付終了)の見送りとして釧路市内の高校生による吹奏楽演奏が実施され、「周年記念トレーディングカード」のプレゼント(両日先着400名)や「プラレール」の展示、こどもぬりえ展なども開催される。

#気動車 #子鉄 #鉄道イベント #JR北海道


JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

関連記事

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道