「秩父市応援 秩父漫遊きっぷ」パンフレット表紙

コロナ禍による不振ばん回は、沿線自治体との二人三脚で!

西武鉄道は2021年10月8日から2022年3月10日までの約5ヵ月間、埼玉県秩父市を訪れるレジャー・観光客の利用を意識した企画きっぷ「秩父市応援 秩父漫遊きっぷ」を発売している。

2020年度に続く2年連続の秋冬閑散期の利用促進作戦で、通年発売する「秩父漫遊きっぷ」について、期間を限定して発売額を引き下げる。通常発売額との差額(大人で最大640円、子どもで同じく320円)は、秩父市が助成する。

きっぷは2日間有効。西武鉄道各駅(小竹向原駅、池袋・秩父線高麗—西武秩父間9駅、多摩川線6駅を除く)からの設定で、発駅—高麗駅間の往復乗車(1回限り)に加え、高麗—西武秩父間は2日間乗り降り自由とする。

観光面の特典では、①「西武秩父駅前温泉 祭の湯」温泉エリア入場券、②「同」フードコート食事券、③「同」物販エリア買い物券、④秩父ゾーン「バスフリーパス2日券」(西武観光バス一部路線に限る)、⑤三峯神社行き急行バス乗車(片道)、⑥「トヨタレンタリース埼玉 西武秩父駅前店」レンタカー特別料金——の6種類から、一つをチョイスできる。

発売額は池袋発、西武新宿発がいずれも1590円(大人)などで、通常の「秩父漫遊きっぷ」(2230円)に比べ、約3割引きになる。西武は「秩父市応援 秩父漫遊きっぷ」の設定期間中、通常の秩父漫遊きっぷの発売を取りやめる。

画像:西武鉄道(パンフレット表紙イメージ)
記事:上里夏生

#秩父市 #発売 #観光客 #西武鉄道


秩父市と二人三脚で秋冬季に観光客誘致 西武鉄道が「秩父市応援 秩父漫遊きっぷ」発売

関連記事

高速列車「瀾滄号」がラオス首都に到着 動態チェックに投入

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に