京王電鉄はダイドードリンコとの共同企画として、「京王ライナー」をデザインしたオリジナル自動販売機(1台)を10月14日から京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターに設置すると発表した。

京王ライナー自販機と空き容器リサイクルボックスイメージ
京王電鉄5000系「京王ライナー」

京王電鉄の車両5000系をモチーフにしたこの自動販売機は、金銭投入時・商品取出し時に「ご乗車ありがとうございます。全車指定席、京王ライナー新宿行きです」など、実際の「京王ライナー」車内外で流れる自動音声や電子警笛音が流れるしかけを搭載している。自動音声は全部で5種類あり、ランダムに流れる。

空き容器リサイクルボックスには、トミーテックが展開する「鉄道むすめ」の京王電鉄運転士キャラクター「橋本わかば」をデザインした。5000系デザインの自動販売機は、今後も京王沿線の各施設等へ設置を検討するとのこと。

#京王電鉄 #子鉄


「京王ライナー」デザインの自販機導入、実際の自動音声や警笛音も

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】