タカラトミーは、「プラレール『JR九州 流れ星新幹線』」(JR九州承認済)を10月14日から九州地区の一部店舗で先行販売し、あわせて「プラレール『JR九州787系 36ぷらす3』」(JR九州承認済)も10月14日に発売すると発表した。

「プラレール『JR九州 流れ星新幹線』」

「流れ星新幹線」(800系)は、「輝け! みんなの九州プロジェクト」の一環として、2021年3月14日に鹿児島中央駅から博多駅まで走行し、沿線を照らす光の演出を行った。公募で集められた「願いごと」と流れ星のデザインを車体にラッピングしている。その後、3月15日から5月28日まで、ラッピング新幹線「輝け! みんなの九州」号として運行した。

「プラレール『JR九州 流れ星新幹線』」には「願いごとシール」が付属しており、2両目に願いを書いて貼ることができる仕様に。価格は3,080円。10月14日に九州地区の一部店舗で先行発売され、2021年冬の一般発売を予定している。

2両目には付属の「願いごとシール」を貼ることができる
プラレール「JR九州787系 36ぷらす3」
プラレール「JR九州787系 36ぷらす3」

「36ぷらす3」は、「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」をコンセプトに、2020年10月から運行開始した、5つのルートで九州7県をめぐる列車。JR九州のD&S(デザイン&ストーリー)列車であり、個性溢れる洗練されたルックスやインテリア、設備も話題となっている。「プラレール『JR九州787系 36ぷらす3』」の価格は2,750円。10月14日に発売される。

#JR九州 #子鉄 #鉄道模型 #玩具 #新幹線 #電車


JR九州承認済「流れ星新幹線」「36ぷらす3」の「プラレール」発売

関連記事

高速列車「瀾滄号」がラオス首都に到着 動態チェックに投入

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に