ユーグレナとJR貨物は13日、越谷貨物ターミナル駅(埼玉県越谷市)において、ユーグレナが製造・販売する次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用することで合意し、10月1日から同駅構内のコンテナ移送トラックにおいて使用開始したと発表した。

越谷貨物ターミナル駅構内のコンテナ移送トラックに「サステオ」を使用

越谷貨物ターミナル駅で使用開始した「サステオ」は、ユーグレナが製造・販売する次世代バイオディーゼル燃料で、使用済み食用油とユーグレナを原料として製造されている。燃料の燃焼段階でCO2を排出するが、原料となる使用済みの食用油の原材料である植物もユーグレナも成長過程で光合成によってCO2を吸収するため、燃料を使用した際のCO2の排出量が実質的にプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルの実現に貢献することが期待されているという。

10月1日から「サステオ」の使用を開始しており、越谷貨物ターミナル駅での調達量は年間2,388リットル。今後は構内移送用トラックだけでなく、フォークリフトや機関車への使用拡大、他の貨物駅での使用も検討するとしている。

#JR貨物


JR貨物、越谷貨物ターミナル駅で次世代バイオディーゼル燃料を使用

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】