蒸気機関車を模した伊予鉄道の観光列車「坊っちゃん列車」が12日、運行開始から20年を迎えた。記念イベントが松山市平和通の古町駅であり、ファンら11人が車両工場を見学したり、乗務員の制服を着用して記念撮影を楽しんだりした。

伊予鉄開業の1888年から67年間、松山市内を走り、 #夏目漱石 の「坊っちゃん」にも登場した蒸気機関車がモデル。2001年10月12日の運行開始から約180万人を乗せた。

イベントでは、乗務員らが坊っちゃん列車の方向転換、客室の連結を実演し、参加者は熱心に見入って質問。その後、制服姿で運転席に乗り、「出発進行」と声を出すなどして乗務員になりきっていた。

松山市和泉の会社経営者の男性(77)は「70年前に母とよく蒸気機関車に乗ったことを思い出す。坊っちゃん列車は松山市民の誇り」と笑顔で話した。

坊っちゃん列車の運賃は02年に300円だったが、15年以降に値上げされ、12月から1300円に。主な理由は各路線の老朽化した設備の整備、バリアフリー化の推進のためという。

#蒸気機関車 #松山市 #観光列車 #平和


「坊っちゃん列車」乗務員になりきり、出発進行!…運行20年で記念イベント

関連記事

高速列車「瀾滄号」がラオス首都に到着 動態チェックに投入

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に