大雨の影響で、小湊鉄道線 馬立〜上総牛久 の路盤が崩壊していた現場の復旧工事にめどが立ち、小湊鐵道は、10月18日始発から小湊鉄道線全線で運転を再開。房総里山トロッコ列車も10月23日からより運転を再開する。

路盤崩壊現場は、馬立駅から上総牛久方面へ500メートルほどの地点。用水路の上に架かるガーダー橋の手前の路盤が用水路側に崩れ落ちていた。

この崩れ落ちた路盤付近の線路をいったん撤去し、盛土を深く掘り、縦に鉄杭を打ち込む作業の光景や、用水路と盛土の間に黒い大型土のうが並べられた画像が同社公式Twitterに公開されていた(過去記事↓↓↓)

こうした復旧にむけた工事か、10月初旬には、房総里山トロッコ列車をけん引するディーゼル機 DB4 と関東鉄道から譲り受けたホキ800形によるバラスト輸送・工事列車も走った。

#再開 #用水路 #大雨 #影響


小湊鉄道線 10/18全線運転再開! 関係者の尽力が結実、キハ40も全線運用へ

関連記事

日立の台鉄向け特急車両「EMU3000」グッドデザイン・ベスト100受賞

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」グッドデザイン・ベスト100など受賞

福井鉄道200形を現役時代の姿に 越前市がふるさと納税活用のクラウドファンディング

なにが独裁国家を崩壊させたのか? 「鉄道」を切り口に読み解く、ヒトラー独裁体制下のドイツ国鉄の物語『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売!

【木造駅舎カタログ】釜石線02/81 遠野駅2

「養老鉄道御朱印巡り」を実施します!