JR西日本は、芸備線沿線自治体と進めている利用促進に向けた取組みの一環として、10月23日以降、12月にかけて芸備線で臨時列車を運転すると発表した。

芸備線の快速「みよしライナー」。10月23日から12月12日までの土休日、「みよしライナー」の上り1本が「庄原ライナー」(広島発備後庄原行)として運転される

備後落合・備後庄原~三次間では、10月23日から12月5日までの土休日(計16日間)、1日3本の臨時列車を運転する。運転時刻は、下り列車が備後落合駅13時40分発・三次駅15時16分着、上り列車が三次駅9時58分発・備後落合駅11時21分着と三次駅18時37分発・備後庄原駅19時14分着となる。

広島~備後庄原間では、2019年秋の行楽シーズンから運行し、好評を博している快速「庄原ライナー」を今秋も運転する。運転日は10月23日から12月12日までの土休日(計18日間)で、運転時刻は広島駅10時5分発・備後庄原駅11時56分着(快速「みよしライナー」上り1本を「庄原ライナー」として運転)。庄原観光推進機構が「庄原ライナー」に合わせた旅行商品を設定するほか、備後庄原駅から駅周辺の施設等へのアクセスに便利な「庄原市街地循環ひまわりバス」が増便運転される。

普段は平日のみ運転している夜間の備後庄原発三次行の普通列車は、国営備北丘陵公園のイルミネーション観覧客の帰りに合わせ、10月23日から12月12日まで土休日にも運転。運転時刻は備後庄原駅19時23分発・三次駅19時56分着となる。

新見~備後落合間でも、10月23日以降に臨時列車が運転される

新見~備後落合間も10月23日から12月5日までの土休日(計16日間)、臨時列車を1日2本運転するする。運転時刻は下りが新見駅10時57分発・備後落合駅12時21分着、上りが備後落合駅12時30分発・新見駅13時54分着となっている。

#JR西日本 #気動車 #鉄道路線の廃止


JR西日本、快速「庄原ライナー」など芸備線で土休日に臨時列車運転

関連記事

クックパッド、鉄道各社と連携して「きらきらマルシェ」を開催。第1弾はみなとみらい駅に40事業者が集合

JR東海N700S、グッドデザイン賞 – N700Sグリーン車用シートも受賞

日立の台鉄向け特急車両「EMU3000」グッドデザイン・ベスト100受賞

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」グッドデザイン・ベスト100など受賞

福井鉄道200形を現役時代の姿に 越前市がふるさと納税活用のクラウドファンディング

なにが独裁国家を崩壊させたのか? 「鉄道」を切り口に読み解く、ヒトラー独裁体制下のドイツ国鉄の物語『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売!