近畿日本鉄道は12日、募集型企画旅行「ひのとりで行く密を避けて伊勢神宮幸先詣」を10月28日、11月21日、12月11日に実施すると発表した。通常、大阪難波~近鉄名古屋間で運行される「ひのとり」が伊勢市・宇治山田方面へ乗り入れる。

今年7月、賢島駅まで試運転を行った「ひのとり」
賢島駅で「ひのとり」「しまかぜ」などが並ぶ場面もあった

10月28日開催のプランは、「ひのとり」が大阪上本町駅を8時19分に出発し、鶴橋駅、大和八木駅、伊勢市駅に停車。宇治山田駅に10時10分に到着し、その後は伊勢神宮参拝などの自由行動となる。帰りも「ひのとり」に乗車し、宇治山田駅を15時2分に出発。大阪上本町駅には17時1分に到着する。旅行代金は大人6,610~7,040円・こども3,590~3,810円で、近鉄往復乗車券と特急料金(往復)、「ひのとり」レギュラー料金(往復)、三重交通みちくさきっぷ引換券、諸税等が含まれる。

11月21日・12月11日開催のプランは、「ひのとり」が大阪難波駅を10時50分に出発し、大阪上本町駅、鶴橋駅、大和八木駅、伊勢市駅に停車。宇治山田駅に12時29分に到着し、その後は伊勢神宮参拝などの自由行動となる。帰りは各自で近鉄の列車に乗車し、大阪上本町駅へ戻ることとなる。旅行代金は大人5,660~6,230円・子ども3,120~3,410円で、近鉄往復乗車券と特急料金(往路)、「ひのとり」レギュラー料金(往路)、三重交通みちくさきっぷ引換券、諸税等が含まれる。なお、すべてのプランにおいて大人1人から申込み可能。添乗員は同行しない。

#近鉄 #電車


近鉄「ひのとり」で行く「密を避けて伊勢神宮幸先詣」ツアー開催へ

関連記事

高速列車「瀾滄号」がラオス首都に到着 動態チェックに投入

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に